新納慎也、元真田丸・豊臣秀次役、うたのおにいさんが新時代劇主役!

f:id:Emlis1536:20170816181746j:plain

俳優の新納慎也(にいろしんや)さんが、NHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」(来年1月初旬放送予定)にて、主役・杉田玄白役で出演することになりました!

新納慎也さんと言えば、去年の大河ドラマ「真田丸」に豊臣秀次役として出演したり、1997年から2年間、NHKの子供番組「にこにこぷんがやってきた」にて「うたのおにいさん」として出演していたことでも有名です。

この記事では、今回のドラマの概要や彼の意気込みを見てみたり、また彼の今までの活躍について振り返ってみたいと思います。

【スポンサーリンク】

「風雲児たち」概要!新納さん意気込み!

f:id:Emlis1536:20170816181633j:plain

「風雲児たち」の題材は、前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”となります。その内容とは、

西洋医学書「ターヘル・アナトミア」の日本初の和訳に一心同体で取り組んだ前野良沢と杉田玄白の2人。鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げた。しかし、刊行された「解体新書」には、なぜか良沢の名前は載らず、名声は玄白だけのものとなった。2人の間に一体、何が起きたのか…。

出典:スポニチアネックス

 というものです。新納さんはこの“蘭学事始”において、渦中の人物である玄白役、すなわち主役を演ずることとなります!

また、今回のドラマは三谷幸喜さんが脚本を担当。片岡愛之助が前野良沢、山本耕史が平賀源内、草刈正雄が田沼意次を演ずるなど、ブームを巻き起こした「真田丸」のメンバーが再び一堂に会します!これは再ブームの予感がありますね~。

原作は、みなもと太郎さんの大河歴史ギャグ漫画であり、「笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが誕生します」とのことです。期待して正月を待ちましょう。

今回主役を務めることについて新納さんは

ど、ど、ど、どうしよう・・・
凄すぎる・・。
身の毛もよだつ事態にただただ世の中のすべての人、すべての物事に感謝をしながら生きている今日この頃です。

と、戸惑いや緊張、喜びや興奮が入り混じった感情を隠せないようです その一方で

ここは気を引き締め、全身全霊、役者人生のすべてを掛けてこの作品に取り組ませて頂く所存でございます。

ご存知『真田丸』のメンバーです。
大好きで、尊敬するこのメンバーにお力をお借りして、素敵な作品になるように頑張りたいと思います!!!!!!

以上出典:新納慎也オフィシャルブログ

 と、今回の「風雲児たち」を大作にすべく精一杯演じる覚悟も見せてくださってます。成功すれば、新納さんの役者人生の代表作にもなりうる作品でしょうから、どんな風に成功するかを楽しみにしたいと思います!

【スポンサーリンク】

「真田丸」「うたのおにいさん」での活躍振り返り!

f:id:Emlis1536:20170816182011j:plain

去年放送された「真田丸」では豊臣秀次役として出演しました。秀次は豊臣秀吉の甥で、摂政・関白を文字って「殺生関白」とあだ名された暴虐エピソードが伝わっています。しかし、不遇の最期を迎えた人にはありがちなこととして、脚本の三谷さんも「全部うそだと思っているので描きません」と新納さんに伝えていたという。

新納さんはそんな秀次を「人懐っこくて明るくて、ちょっぴりできの悪いおぼっちゃん」として演じました。

真田信繁の幼なじみの〈きり〉に一目惚れ?してニコニコと手をふるシーンや、秀吉から「見地をすることで何がわかるか」と問われても「・・・いろんなことが、わかります」と苦しい答えをするなど、顔は良いけど要領が悪く、どこか頼りにならない後継者という印象を初回で印象づけました。

出典:こどモア

 しかし関白となった頃から歯車が狂いだし、壮絶な最期を迎えるまでの展開では、自分のことが秀吉や周囲に理解してもらえない寂寥感が現れた表情を見せるなど、豊かな表現力を新納さんは見せてくださいました。

また、新納さんは1997年から2年「うたのおにいさん」を務めていました。しかし、彼は最初は子供が苦手だったそうです。21歳のときのオーディションにはなんと遅刻したり、しかも「子供嫌いです」と発言するなど、傍若無人な振る舞いも!

新納さん本人も「(当初は)子どもにどう話し掛ければいいかわからなかったし、童謡を歌う難しさもありましたし。子どもを呼び捨てにして怒られたこともあります」と振り返っています。しかしそれでも2年間立派に務めたあたりに、彼の役者としての適応力や責任感を見て取ることができると思います。

【スポンサーリンク】

まとめ

①新納慎也さんがNHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」に主役・杉田玄白役で出演!去年ブームを起こした「真田丸」のメンバーも集結して期待感大!新納さんも喜びと使命感を感じている様子。

②「真田丸」では秀次役を様々な表情で熱演。うたのおにいさんでは、苦手だった子供にうまく適応した。

今回の記事は以上です。次の記事もよろしくです(^ω^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする