白澤卓二の評判とプロフィール!ケトン体食事法の効果!

白澤卓二先生はアンチエイジングの第一人者として知られています。主に食事を通じてどのようにアンチエイジング、ダイエット、アルツハイマー予防などを実現するかについて、多数の著書を書いたり、テレビ番組に出て解説などを行っています!

その「ケトン体食事法」の効果やわかりやすい解説が好評で、「林修の今でしょ!講座」「世界一受けたい授業」「バイキング」などの多数のテレビ番組に出演しています。

今回はそんな先生の評判やプロフィールを確認するとともに、いわゆる「ケトン体食事法」が具体的にどのようなものなのかを解説したいと思います!

【スポンサーリンク】

白澤卓二先生プロフィール!評判は?

f:id:Emlis1536:20170829155826j:plain

1958年神奈川県生まれ

1982年千葉大学医学部卒業

1990年同大学医学研究科終了、医学博士になる

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授

現在は新宿白澤記念クリニック最高顧問、米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授 など

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究

1958年生まれということは御年58、9歳のはずですが、とても若々しいですね~!やはりこれもアンチエイジングの効果なのでしょうか。

プロフィールを見ていると、やはり主にアンチエイジングを研究する研究機関や研究科を経験なさっているみたいですね。

著書も「100歳までボケない101の方法」「免疫力をアップする、塩麹のおかず」「100歳までボケない手指体操」「「砂糖」をやめれば10歳若返る!」「ココナッツオイルでボケずに健康!」など、アンチエイジングに関する著書を盛んに出版なさってます。100歳までボケない!とは強気なタイトルですね~。

それぞれの著書の評価をAmazon.co.jpで見てみると、多数のレビューがついているにも関わらず、平均星4程度の高評価を獲得しています!これは白澤先生の著書の内容が評価されていると共に、先生の提唱している食事法が実際に効果の出るものであるという証明でもあるでしょう!

レビューでも、

食べ物についても、そのお勧めする食物、その食物に入っている物質、その作用についてさらりと簡単に叙述されていて、科学的。かつ、たくさんの方法や物質についても書かれているので、1冊でずいぶんとたくさんの健康法を取り入れることができる優れた本です。

101も項目が並んでいるが、どれも簡単にできそう。しかも、アルツハイマー病をはじめ、長寿遺伝子の専門家が推奨するものなので、説得力がある。

と、多数の健康法をわかりやすく簡潔に解説することが好評のようでした!

次章では先生の提唱しているそんな健康法・食事法の概要をご紹介したいと思います!

【スポンサーリンク】

すぐに効果を実感できるケトン体食事法!

f:id:Emlis1536:20170829162835j:plain

出典:https://tst.japan-topics.com/ketone-body

さて、皆さんの誰もが思ったことでしょうが、「ケトン体」とはいったい何でしょうか?

ケトン体とは、ブドウ糖が枯渇して脂肪が分解・燃焼されてエネルギーになるときに生まれる物質です。上の絵がとてもわかりやすいですね。

さて、ケトン体食事法の話をする前に、まず糖質の話をしなければならないので、糖質についてお話します。

「頭が疲れたら、糖分を摂って脳にエネルギーを補給しよう」と考える方は多いと思います。僕もその一人です。しかし先生によれば、糖分はむしろ脳に毒である、というのです!

糖分を摂ると体内の血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。そしてインスリンはブドウ糖を除去しようとするので、今度は血糖値が下がりすぎ、脳にエネルギーが行きわたらなくなってしまうのです!例えば昼食を食べたあとに急激に襲ってくる眠気などが、このことを証明しています。

また、先生によれば糖質には中毒性もあるとのこと!炭水化物や砂糖を摂取していると、より多くの量を食べたくなってしまいます。そしてその量を食べなければ、イライラしたり怒りっぽくなってしまうというのです!

さて、ここで「ケトン体」の出番です。近年の研究で、ケトン体が脳のエネルギー源となることが判明しています。

マウス実験においてケトン体を誘導するエサを与えて、脳の認知能力が20%上昇したという研究結果があります。つまり、ケトン体を脳に与えると、頭がスッキリし、頭の回転も速くなるのです!米国の医学会ではすでに、「ブドウ糖よりケトン体のほうが脳にとって優れたエネルギー源」との見解で統一されつつあるらしいです。

また、ケトン体はアルツハイマー予防にも効果がある可能性があります!とある研究でアルツハイマー病患者に、ケトン体を多く含む「ココナッツオイル」を毎日摂取させたところ、認知機能が劇的に改善した、という報告もあります。

さて、ではケトン体食事法の実践方法の解説に移りますが、やるべきことは4つあります。

①炭水化物を摂らない

これは上の図を見ればわかると思います。脂肪を燃やしてケトン体を出すためです。

しかしこれだけだと「糖質制限と何が違うの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。糖質制限と違うのはここからです。

②オメガ3脂肪酸を摂る

「オメガ3脂肪酸って何?」という話ですが、オメガ3脂肪酸には、有名なものだとDHAやEPAが含まれます。つまり魚ですね。サプリメントでの補給も良いかもしれません。

③悪い油(トランス脂肪酸など)を摂らない

これはケトン体食事法でなくてもそうでしょうね。

油というとコレステロールが頭に浮かぶ人もいるでしょうが、先生によると「コレステロールは体に悪い」はウソ!とのことですので、コレステロールは摂って大丈夫です。

④ココナッツオイルを摂る

ココナッツオイルは脂肪燃焼を促進すると共に、ケトン体の血中濃度を高めてくれますので、ケトン体食事法に重要なものの1つです。

このケトン体食事法を実践すれば、頭の回転が速くなる・認知機能の改善・ダイエット効果など、様々な効果が期待できます!

【スポンサーリンク】

まとめ

①白澤卓二先生はアンチエイジングの第一人者。先生の著書や解説は、多数の健康法をわかりやすく解説することやその効果によって、好評を博している!

②糖質は脳に毒、中毒性もある。一方、ケトン体は頭の回転を良くしたり認知機能を改善する優れたエネルギー!

③糖質カット、オメガ3脂肪酸摂取、悪い油を摂らない、ココナッツオイルを摂る、というのがケトン体食事法!

今回の記事は以上です。次の記事もよろしくです(^ω^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする